しょうごのコンニャヨギ通信

<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

床暖のあるヨガスタジオ

南北線の東大前にある
yoga-maというヨガスタジオです
駅から近いです
1階がセブンイレブンです
暖かいです


金曜日
19:00〜20:15
アシュタンガヨガ担当してます

内容はハープライマリーです
ビギナーの人も大丈夫、ウエルカムです

ウェブサイトです
[PR]
by shogoconyarome | 2011-11-24 22:02 | Comments(0)

激流

今日のシャバアサナは激しい自由連想、妄想の川が流れてた。非理性は刺激的。
e0188962_1019343.jpg

[PR]
by shogoconyarome | 2011-11-23 10:10 | Comments(0)

冬の太陽

練習の帰り道、陽の光が気持ちよかった。

e0188962_10111523.jpg

[PR]
by shogoconyarome | 2011-11-22 10:08 | Comments(0)

Last&New

今日で終了、来週はムーンデイでお休みなので。

IYC神保町 金曜日 15:00〜17:00

12月2日スタート

新しいIYC九段、飯田橋スタジオ

     金曜日  16:00〜17:30 アシュタンガレベル2、3


よろしくお願いします。
[PR]
by shogoconyarome | 2011-11-18 10:41 | Comments(0)

悟り

e0188962_17364871.jpg
この話は今も僕を刺激し続けてます。

長いけど引用します。

人間の精神には、本当は理解できていないのに、完成された状態を想像して
よしとする傾向があります。中国禅宗第五祖の大満弘忍は、常にこの傾向を
警戒していました。彼は、寺を辞するに際して、ブッダの教えをどのように
理解しているか、詩で表現して見せてみなさいという課題を、弟子や信者た
ちに突きつけました。最高の詩偈を書いた者を彼の相続人にするということ
です。皆は、最上位の弟子であった神秀が跡継ぎなるであろうと期待してい
ました。神秀は次のような詩偈を提示しました。

身体は悟りの樹である
心は澄み切った鏡台のようなものである
常に磨いて手入れしなさい
埃ひとつつかないように

神秀の詩偈はまったく非の打ち所のない応答であり、純粋に映し返す心の美
徳を表現しています。これは仏教の文献にくり返し現れるモチーフです。し
かし、澄み切った鏡というのは、本当の自己と同様、たやすく崇拝の対象に
されてしまいます。このような見解は、現物よりもさらに現実らしく思わせ
る、高尚なバージョンによって、具体的な自己を置き換えてしまう結果を招
きます。
台所で働いていた少年の慧能は、読み書きができませんでしたが神秀の詩偈
の欠点を見抜いて、次のような代案を提示しました。

悟りは樹ではない
澄み切った鏡はどこにも立っていない
根本的に何もないのであるから
埃のつくところなどどこにあろう

慧能の応答は、龍樹や中観派の教えに一致しており、絶対主義にも虚無主義
にも組せず、神秀が陥った理想化の罠を回避していました。解脱したら心の
内容は空っぽになり、身体からは感情がなくなるとういう、よくある誤解を
免れていました。私たちが思い描く心や自己は私たちが想うようなあり方を
していない、慧能はそう言っています。

パンクだな
[PR]
by shogoconyarome | 2011-11-05 17:34 | Comments(0)